Story

[Document]
小説『復活プロジェクト』
・・・・・・・・・・・・・・・・
■PROLOGUE/復活っとく?
2007年正月、久しぶりに信也が帰ってきた。
『会いましょう』と言うので、阿南を誘って3人で正月を過ごした。
彼が東京でまだ歌っているのを僕は知っていた。
『即席でLIVEをやれ』と阿南。
懐かしい、実に懐かしい歌声が響き渡った。

聞きながら僕は、何時かこいつのLIVEをプロデュースしよう。と思っていた。

かくして2008年10月11日、山下信也のBossa Nova Live は実現した。
かろうじて集めた120名の前で歌う信也は、まるで水を得たポニョのようだった。
歌もTALKも何もかもがあの頃のままで、特にステージで『はしゃぐ』という表現がぴったり
来る彼のパフォーマンスは、照明を担当していた僕の、客で来ていた阿南の、そしてもうひと
り、PA(音響)を担当していた阪田の心を当時に連れて行ってくれた。

LIVEが終った夜、信也が呟いた。
『今度は今村さんのLIVEをやろう!』
『どこかもっと小さい会場でも良いから、俺バックやるし…』
こんなにレベルが違ってしまった僕の為に・・・嬉しかった。
『ありがとう・・・』続けて出てきた言葉は予想外のモノだった。
いや、何年も前から心の片隅に芽生えていた言葉だったかも知れない。
『俺とお前が揃ったら主人公やん』
(今村引退後も主人公は続いていたので、これは間違った解釈で有る (_ _))

信也の戸惑いをよそに、話は、それこそ水を得た活け造りの鯛のようにぴょんぴょん跳ねた。
(活け造りの鯛に水を与えたら、ぴょんぴょん跳ねるかどうかは立証されていない)
僕と信也以外は変遷に変遷を重ねた(1984年以前の)主人公。
どのメンバーに声をかけるのか・・・とりあえず、一番ライブ本数の多かった1981年前後に
活動していたメンバーで、今でも連絡を取りあっている者、に絞らせてもらうことにした。
(他のメンバーの皆さんごめんなさい)
まずは阿南。『乗る?』『楽しみ〜』感づいていたように二つ返事で乗ってきた。
そして阪田。『乗る?』『う〜ン、ちょっと…』『よし!決まり!』
まるで決定事項だったかのように強引に『復活!』は決まっていった。

▲上へ
第1章→

Storyに戻る
Topに戻る
Copyright Shujinkoh.net All rights reserved.