曲順

主人公LIVE ALBUM 2009『あした天気になぁれ!』
(2009年12月5日 atクレオ大阪東)

『忘れないで・・・』過ぎてゆく日々の中で、悲しいけれど、人はあらゆる事を忘れながら生きています。
が、しかし、僕たちは忘れてはいけない事も同時に沢山持っているんじゃないかと思います。
限られた文章の中で全てを書ききる事は難しいですが、今回、この復活プロジェクトに僕を駆り立てたのは『忘れたくない』が大きな理由のひとつでした。
僕は皆さんから戴いた激励・情熱・勇気・感謝・愛情、そして沢山の笑顔を決して忘れたくはありません。もう一度胸に刻み付けるために今回の復活となりました。
カッコつけた感じになってしまいましたが・・・僕は決して『忘れません』

Guest anan(by BASIL)
・・・・・・・・・・・・・・・・
1. カタストロフィー
2. TRAIN
3. 自転車
4. ランドセル

主人公 Restoration Stage
・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 彷徨(さまよい)1982

・エンディングの"キメ"がだいたいで決まって(笑)みんなホッとした筈。これで"やれる"って思ったかも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
2. AMERICAN GAL

・久しぶりにBANDで歌ったけれど、キチンと歌えていただろうか。いつもいつの時もそればかりが心配

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・かなり緊張。ノッケからいけてないTALKでとっても残念です。流れるようなイメージで挑んだのですが・・・(>o<)

・・・・・・・・・・・・・・・・
3. 通り過ぎた20歳の雨

・あの頃、下手クソだったけれど良く練習した曲です。やはり練習って偉大だな〜と思いながらの演奏でした

・・・・・・・・・・・・・・・・
4. 雨のモノローグ

・信也君が初めて歌いだしを『わけもなく』と歌いました。僕が残している過去の音源では全てが『ワッケもなく』でした。大人になったなぁ。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・『通り過ぎた20歳の阿南』から始まる乗りがとっても良いです。スムーズさを欠く場面もありましたが"及第点"でしょうか (^^

・・・・・・・・・・・・・・・・
5. ジェラシータイフーン

・コーラスの練習はやはり間に合いませんでした。ごめんなさい

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・途中でつらくなってきました。なかなかイメージ通りには行かないモノです

・・・・・・・・・・・・・・・・
6. リップカレント

・メロディーが秀逸なのでサビのハーモニーは予定になかったのですが、阪田が歌いだしたので僕も少し付けてみました。ヘタクソでした、ごめんなさい。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・ひとつ前の辛かったTALKを引きずってまたしても辛くなってしまいました。この辺りから何をやってるのか分からなくなりました。(>o<)

・・・・・・・・・・・・・・・・
7. ギャング

・あの時、歌いながら『何が何だか分からなくなってしまった』のは、ひとつ前、ふたつ前のTALKの反省やショックを引きずっていたせいだったんだ。と、録音した物を聞いて納得しました。ブランクって恐ろしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
8. ハッとしてシャッフル!

・『訳が分からなくなっている』うえに楽譜に書いたメモの間違いに気付いて狼狽えました。『!!ピアノソロの紹介飛ばしたか!』と焦ったら実は3番を飛ばしてしまっていた。『ピアノ!』って振った瞬間ソロに変化した山田さん。凄いな〜。譜面と違うのに併せたみんなも凄いな〜

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・ひきずってしまって自分ではもっと上手くお話し出来る筈だったのですが・・・『あした天気になぁれ!』メイントークだった筈なんですが…

・・・・・・・・・・・・・・・・
9. トライアングル

・一番苦労した曲です。よくぞここまで・・・みんなありがとうね

・・・・・・・・・・・・・・・・
10. 愛の中で 2009

・ごめんなさい。消化不良だったんじゃないかな?。ホントはもっとキチンと大合唱してもらうつもりだったのですが…企画不足です。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・
en1. Sunday All Night Dancing〜OPENING

・この曲をここに置いたのは失敗だったかと思ったくらいヘロヘロでした。〜オープニングはどうしてもここに置きたかった曲です

・・・・・・・・・・・・・・・・
 TALK

・最初は一旦引っ込む予定でしたが、時間の無駄と思いTALKのアンコールとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
en2. うさぎの瞳

・これをここに置かなければ何も始まらないくらいに思っています。みなさんの心に何か届きましたでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・
en3. September Valentine(伴奏/Pfのみ)

・アカペラでの挑戦は原点に帰るモノです。練習不足は隠せませんでしたが忘れられないモノになりました。ありがとうございました。

Coments by今村


Topに戻る
Copyright Shujinkoh.net All rights reserved.